ホーム > 交通事故治療

交通事故治療

交通事故治療

交通事故治療

交通事故治療とは

車の衝突によるエネルギーは、首や腰の骨に限らず、内臓にも影響を与えます。
事故直後はある種の興奮状態にあり、痛みや不調の自覚症状を感じにくい傾向にあります。
しかし、衝突のエネルギーにより体のバランスが崩れると、そのこと自体が原因となり、後になって不具合を起こす可能性があります

交通事故による疾患が治りにくいのは、首や腰の痛みに対し、それぞれ別のアプローチをしているからです。
繰り返すようですが、これらの症状は「結果」に過ぎません。
本来の「原因」を治療しない限り、痛みは繰り返し発症します。

患部の痛みに限らず、事故を契機に体の不具合を感じられるようであれば、当院で診察してみることをお勧めします。
また、今は何ともなかったとしても、体の「あそび」の部分が狭まったことにより、今後、不調が起きやすくなる可能性も考えられます。
いずれにしても、早めの手当てが予後を分けるでしょう。

このような心当たりのある方は、ぜひ当院へ

  • むち打ち損傷(首や腰の痛み)
  • 手足のしびれ、頭痛、吐き気、めまい、ふらつき
  • バレリュー症候群、脳脊髄液減少症
  • 事故以前から抱えていた疾患が、よりひどくなった
  • 身体の姿勢、歪み、骨盤の歪み

交通事故の注意点

交通事故の注意点

交通事故で最も多いむち打ち損傷は、寝違えや一般的な首の痛みとは異なり、通常の生活では考えられない膨大なエネルギーが加えられたことによる疾患です。
したがって、より正確な診断や治療技術が必要とされます。

同じ痛みでも、前に倒したときに感じる場合もあれば、逆のケースもあります。
つまり、人や事故によって状況は異なるということなのです。
状況が異なれば、痛みの原因も異なると考えるべきでしょう。
患部への対症療法があまり意味を持たないことに、お気づきいただけると思います。

なお、当院では自賠責保険を取り扱っておりますので、患者様が費用をご負担それることは一切ございません
弁護士とも連携し、保険請求事務手続きなども無償にて対応いたします。
詳しくは、直接お問い合わせください。

交通自己治療の流れ

不明な点があれば、どのようなことでも当院へご連絡ください。
適切なアドバイスや、より細かい検査・治療を行います。

  • 事故直後は、安全を最優先し、決して無理をしない
  • 本人、同乗者、相手のケガを確認する
  • 必ず警察に連絡し、事故処理を依頼する
  • 事故処理の時間がない場合は警察にその旨を伝え、後ほど警察へ出頭する
  • 相手の免許証、名前、連絡先、ナンバーを確認する(携帯などで撮影する)
  • 相手に、任意保険の加入をたずねる
  • 自分が加入している保険会社に連絡し、特約などの条件を確認する
  • 医療機関で診察を受け、身体に異常がないか検査を行う
    (順番は、状況により異なります)

不明な点があれば、どのようなことでも当院へご連絡ください。
適切なアドバイスや、より細かい検査・治療を行います。

新着情報

一覧を見る

2019/11/01

【11月の休診のお知しらせ】

23日(土)休診
24日(日)休診
30日(土)休診

日曜及び月曜午後 休診
大変混み合っていますので、施術をご希望の方は
早めのご予約をお願い致します。

アクセス



〒106-0047
東京都港区南麻布1-14-2

お問い合わせ 詳しくはこちら